格安SIMって何?-大手キャリアの携帯とどう違うのか

最近よく聞く「格安SIM」。どうやら携帯電話に関係するもののようですが、auやドコモ、ソフトバンクなどのいわゆる大手キャリアの携帯電話とどう違うのでしょうか。

今回は格安SIMを理解するために必要な情報をわかりやすくまとめました。格安SIMについて何も知らなかった人も、このページだけ読めば格安SIMについて基本的な知識を得ることができます。

I. そもそもSIMカードとは何なのか

SIMカードとは携帯電話に入っている小さなICカードのことです。

スマートフォンやタブレットだけでなく、ガラケーやモバイルWifiルーターの中にも入っています。基本的に全ての携帯電話にはSIMカードが入っています。

このカードの中に電話番号やアプリなどの全てのデータが収められています。また、通話やインターネットを利用するためにはSIMカードが機種の中に入っている必要があります。

SIMカードを抜いた携帯電話は使うことができません。

海外では、携帯電話の機種とSIMカードを別々に買って使うことが多いため、SIMカードの存在はとても身近です。

一方、日本ではキャリアで携帯電話を購入することが主流だったため、SIMカードの存在自体あまり知られていませんでした。

最近では格安SIMがだんだんと広まっているので、SIMカードについての認知度も上がっていますね。

II. 格安SIMって何?

「格安SIM」とは文字通り、格安で購入できるSIMカードのことです。

また、大手キャリアのように携帯電話と回線(SIMカード)をセットで購入するのではなく、SIMカードだけを購入する場合が主流です。

III. MVNOって何?

格安SIMの話とセットでよく聞くのがMVNO。

何のこっちゃと思うかもしれませんが、要はOCNやBIGLOBEなどの格安SIMを提供しているプロバイダーのことと思えばよいです。

もっと正確に言えば、これらのプロバイダーは独自のインターネット・通話回線を持たず、docomoやauのような大手キャリアから回線を借りてサービスを提供しています。

このような形で回線を提供するプロバイダーのことをMVNOと言いますが、一般的には格安SIMを提供する会社の印象が強いですね。

格安SIMの価格が安い理由に、プロバイダーが独自の回線を用意しなくてよいことが挙げられます。

IV. 格安SIMのタイプ

一口に格安SIMと言っても、いろいろなタイプのSIMがありますが、基本的には次の二種類になります。

  1. 音声通話SIM
  2. データ専用SIM

①音声通話SIM

音声通話SIMは通話とデータ通信の両方が可能なSIMです。つまり、音声通話SIMには電話番号が設定されています。

音声通話SIMであれば、大手キャリアの携帯電話と同じように通話もインターネットも利用することができます。

ただし、格安SIMではかけ放題のプランは少ないので、通話のし過ぎには注意が必要です。

音声通話SIMの場合、多くがMNPに対応しており、前に使っていた電話番号をそのまま引き継ぐことができます。

②データ専用SIM

データ専用SIMはデータ通信(主にインターネット)だけできるSIMカードで、通話することができません。

その分、音声通話SIMよりも利用料金が安くなっています。

通話できないと言っても、LINEやskypeを利用した通話は可能なので、電話を使わないという方にとっては割安でとても嬉しいプランです。

V. 格安SIMのメリットとデメリットは?

格安SIMにはもちろんメリットとデメリットがあります。

最大のメリットはもちろん利用料金が安いことですが、それ以外にもたくさんのメリットがあります。

また、携帯電話の使用目的によっては致命的になるようなデメリットもあります。

VI. 格安SIMのメリット

格安SIMを使うメリットには次のようなものがあります。

  1. 月額料金がとにかく安くなる
  2. 2年縛りがない
  3. 料金が常に同じ。2年経っても利用料金が高くならない
  4. 電話をしなければ電話料金がかからない
  5. そもそも通話が不要なら通話なしのプランにできる

格安SIMのメリットはとにかく「料金が安い」ということに尽きますね。

携帯電話はそれほど使わないという方にとって、大手キャリアのプランは7000~8000円とかなり高額になります。

特に、最近のキャリアではかけ放題またはかけ放題ライトがほぼ必須なので、全く通話をしないという方にとっては無駄の極みですよね。

格安SIMでは、通話が不要という方にはそもそも通話機能のないSIMカードも用意されています。もちろん、その分利用料金も安くなります。

自分の利用程度に応じたプランの設定が可能なので、あまり携帯電話を使わないという方はそれに応じた低料金プランを選ぶことができます。

格安SIMのメリットについて、詳しくは「格安SIMのメリットとは?」で解説していますので、併せてご覧になってください。

VII. 格安SIMのデメリット

一方、格安SIMにはもちろんデメリットもあります。

具合的には次のようなものがデメリットと言えるかもしれません。

  1. 通信速度が遅くなりやすい
  2. 乗り換えのあと自分で初期設定を行う必要がある
  3. クレジットカード決済しか利用できない場合がある
  4. キャリアメールが使用不可
  5. LINEのID検索が使えない
  6. 契約後に携帯が使えない期間がある
  7. サポートが不十分なことが多い
  8. 一部機種ではテザリングが使えない
  9. 機種を用意しなければいけない

まず、通信速度。さすがに3大キャリアと比べると劣ります。

また、普段は速くても、利用者が増える時間帯では回線速度が不安定になる場合も。安定した早い回線速度で利用したい場合は、大手キャリアの方が良いでしょう。

他には、初期設定をユーザー自身で行う必要があるや、クレジットカード決済しか利用できないことが多いなどの項目もありますが、これらは人によっては全くデメリットとはならないでしょう。

携帯電話の操作に慣れていれば簡単に初期設定できますし、以前から携帯料金をクレジットカードで支払っている場合は全く問題ないですよね。

一方で、格安SIMに乗り換えると数日間携帯が使えなくなる状態が発生するなど、仕事用で使っている場合などには致命的なデメリットもあります。

最も、上に挙げた格安SIMのデメリットは全ての格安SIMで共通というわけではありません。

例えば、クジットカード払いにしか対応していないSIMもたくさんありますが、中には口座振替やデビットカードに対応しているものもあります。

格安SIMのデメリットについては「格安SIMのデメリットとは?」で解説していますので、併せてご覧になってください。

VIII. 格安SIMの料金は?

初心者の方には格安SIMの料金プランはわかりにくいかもしれませんが、実はとてもシンプルです。

格安SIMの料金プランは基本的に次の4つだけです。

  1. 月額プラン
  2. 日次プラン
  3. 定額無制限プラン
  4. 段階制プラン

月額プランは毎月一定のデータ容量が使えるプランです。決まったデータ容量を超えた場合は通信制限がかかりますが、追加料金を支払えばデータ容量を追加できます。定額プランともいいます。

日次プランは一日あたりのデータ容量が決まったプランです。場合によっては同じデータ通信料でも、月額プランよりも安くなる場合があります。

定額無制限プランは文字通りデータ容量が無制限のプランです。当然、1カ月あたりの料金は高くなりますが、携帯電話で通信をたくさん行う方には夢のようなプランです。

段階制プランは使った分だけ料金がかかるプランです。ほとんどデータ通信を行わない場合はとても安くなりますが、逆に使い過ぎると割高になってしまうので注意が必要です。

格安SIMでは上記の基本プランに加えて「速度切り替え」や「通話半額」などの独自サービスが提供されています。

格安SIMはプランの組み合わせの選択肢が多いので、ユーザーの使用目的に最適なプランを、なるべく低価格になるように組むことができます。

料金プランについて詳しくは「格安SIMの基本的な料金プラン」で解説しています。併せてご覧になってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です