格安SIMとキャリアはどちらがいいの?

携帯電話料金を限界まで安くしよう

あまり携帯電話を利用しないと言う方。不必要なサービスの契約プランで、毎月無駄な料金を支払っているかもしれません。

例えば、通話は全くしないのに、「かけ放題」のようなプランを使っているのは本当にもったいないですよね。

格安SIMであれば、細かなプラン設定が可能なので、携帯電話料金を大幅に引き下げることができます。

>>安心のドコモ回線 エキサイトモバイル

一方、最新機種が欲しい、通話もデータ通信もがんがん使う、というのであれば、まだまだ大手キャリアの方が有利です。

特に、ソフトバンクであれば「おとくケータイ」のようなウェブサイトで契約すれば、店舗で契約するよりも有利な条件でキャッシュバックを受け取ることができるのでとてもオススメ。

>>おとくケータイ.netお問い合わせフォーム

大手キャリアと格安SIMのどちらがお得?

かつて携帯電話と言えば、docomo、au、ソフトバンクの3大キャリアで契約することが普通でした。

もちろん、今でも多くの人が3大キャリアで携帯電話を契約している使っていると思いますが、一方で格安SIMもどんどん広まってきています。

それでは大手キャリアと格安SIMはどちらがおお得なのでしょうか?

結論から言えば、絶対的にどちらが良い・優れている、ということは言えません。どちらが良いかは、ユーザーがどの程度携帯電話を使用するかと、実際の携帯電話料金とのバランスによって決まります。

例えば、全く通話をせず、またインターネットもほとんど利用しないという方が、大手キャリアで契約して毎月7000~8000円もの利用料金を支払うのは勿体ないですよね。

このような場合には格安SIMの方が良いでしょう。

逆に、仕事などで毎日通話するという方は、使用した分だけ通話料金がかかる格安SIMのプランはオススメできません。最終的にかなり高額な電話料金を支払わなければいけなくなってしまいます。

このような場合には定額でかけ放題が利用できる大手キャリアの方が良いでしょう。

大手キャリアがオススメの方

次のような方は大手キャリアをオススメします。

  • 通話もインターネット通信もよく使う
  • 最新機種を使いたい
  • 手厚いサポートを受けたい
  • 通信速度をとにかく重視している

通話もインターネット通信もよく使う

格安SIMには定額の固定プランもありますが、利用した分だけ料金がかかるプランが中心です。

そのため、通話もデータ通信もほとんどしない人にとっては利用料金が安くなるメリットがあるのですが、通話もデータ通信も多く使う人の場合は逆に料金が高くなってしまう可能性があります。

格安SIMの毎月の料金が7000円を超えてしまうようなら、キャリアの携帯電話の方が良いでしょう。

利用料金が同額なら、通信速度が速く、またサポートなども手厚いキャリアの方がお得と言えます。

最新機種を使いたい

格安SIMでは基本的に機種は用意されていません。機種も同時に購入できるプランもありますが、最新機種ではなく一世代前の機種が中心になります。

一方、キャリアでは最新機種を購入することができる上に、割引などのサポートも受けることができるため、好条件で最新機種を手に入れることができます。

手厚いサポートを受けたい

格安SIMの利用料金が安いのにはいろいろな理由がありますが、そのうちの一つは提供するサービスを最小限に抑えて、その分コストを削減していることです。

そのため、大手キャリアと比べて格安SIMは利用者向けのサービスがあまり手厚くありません。

auやドコモ、ソフトバンクの大手キャリアは、格安SIMと比較してやはり利用者向けサービスが充実しているので、サービスの手厚さを重視する場合はキャリアの方が良いでしょう。

通信速度をとにかく重視している

最近では格安SIMの通信速度も速くなってきましたが、それでも大手キャリアと比べたらやはり劣ります。

また、通信速度の安定性もよくなく、時間帯や場所によって急に速度が遅くなってしまうこともあります。

大手キャリアは安定して通信することができるため、通信速度をとにかく重視したい方はキャリアの方が良いでしょう。ただし、将来的に格安SIMの通信が整備されて、大手キャリアと変わらないくらいの速度・安定性が実現する可能性はあります。



格安SIMがオススメの方

逆に次のような方には格安SIMの方が良いでしょう。

  • とにかく月額の携帯料金を安くしたい
  • 通話・またはデータ通信をほとんど使わない
  • 最新機種じゃなくてもよい・SIMフリー機種を持っている

とにかく月額の携帯料金を安くしたい

格安SIMの最大のメリットはとにかく利用料金が安いこと。

大手キャリアであれば、安くても月額5000円、普通に使っていれば7000~8000円程度の利用料金が発生します。

しかし、格安SIMでは平均して1000~2000円程度で利用できます。また、データ通信SIMのみで容量を500MBと低容量にすれば、何と月額500円というプランもあります。

通話・またはデータ通信をほとんど使わない

携帯電話は持っているけど、普段はそんなに使わないという方も少なくないでしょう。

そんな方にとって、大手キャリアのプランは不必要なものが多いですし、何よりも料金が高いですよね。

格安SIMならデータ容量も500MBや1GBなど低容量のものから選べますし、通話が不要という場合はデータ通信のみのSIMもあります。

また、格安SIMは通話やデータ通信を行った分だけ料金が上がるので、普段ほとんど携帯を使わないという方ほどお得になります。

最新機種じゃなくてもよい・SIMフリー機種を持っている

大手キャリアでは最新機種を購入する場合に割引などのサポートがつくことが多いため、最新機種を入手したい場合には便利です。

一方、格安SIMは最新機種が手に入るどころか、自分で機種を用意する必要があります。

格安SIMの中にはドコモやau、ソフトバンクなどの、特定のキャリアの機種であればそのまま利用できるものもありますが、SIMフリーの機種でなければ使えないものもあります。

自分の持っている機種が契約しようとしているSIMに対応している場合、機種代金が発生しないので初期費用が安くなるというメリットがありますね。



サイトコンテンツ

当サイトでは携帯電話料金を可能な限り安くするための情報をご紹介しています。

格安SIMはもちろん、大手キャリアで契約してキャッシュバックを貰う最も効率的な方法についても、実際の体験談を交えながら解説していますので、ぜひ参考にしてください。

◆格安SIMについて◆

格安SIMって何?-大手キャリアの携帯とどう違うのか
オススメの格安SIMランキング
格安SIMの基本的な料金プラン
格安SIMの契約方法ー申し込みから開通まで
格安SIMのメリットとは?
格安SIMのデメリットとは?

◆大手キャリアについて◆

おとくケータイのキャッシュバックについての基礎知識
おとくケータイのキャッシュバックは本当にお得なのか?考察してみた【ソフトバンク】
おとくケータイでソフトバンクのiphone7に乗り換えする方法①―見積もり
おとくケータイでソフトバンクのiphone7に乗り換えする方法②―申し込み
おとくケータイでソフトバンクのiPhone7に乗り換えする方法③―端末受け取りから開通
ソフトバンクiPhone7の月額料金まとめ
ソフトバンクのiPhone6Sを一括購入割引で契約する場合は解約違約金に注意!