格安SIMのメリットとは?

格安SIMを使うメリットは何でしょうか?

いろいろとありますが、特に代表的なメリットを挙げると次のとおり。

  • 月額料金がとにかく安くなる。2000~3000円で運用可能に。
  • 2年縛りがない
  • 料金が常に同じ。2年経っても利用料金が高くならない
  • 電話をしなければ電話料金がかからない

以下、一つずつ見てみましょう。

①月額料金がとにかく安くなる。2000~3000円で運用可能に。

最近では以前よりも安くなっていますが、それでも3大キャリアで契約すると月額料金は6000円から7000円はかかります。

さらに機種を分割購入したり、下取りによる割引が適用されなかったりすると、もう少し高くなって7000円から8000円になることも。

なかなか給料も上がらないこの時代、携帯電話の料金に毎月10000万円近く支払うのは勿体ないですよね。

格安SIMなら月額2000円程度で使用することができます。

もちろん、データ通信だけで、さらに低容量なプランを利用するならもっと安くなり、1000円代で利用できるものも少なくありません。

中には500円という格安プランも。

もちろん、格安SIMでは電話しただけ通話料がかかってくるので、実際には使った分毎月支払うお金が増えることになります。

②2年縛りがない

最近では2年縛りのないプランもありますが、まだまだ大手キャリアの契約では2年縛りが一般的です。

2年縛りとはご存知のとおり、2年以内に解約や他キャリアへの乗り換えを行うと、10000円程度の「違約金」が発生する仕組みのことです。

違約金の支払いを避けるためには、契約から25カ月目か26カ月目(いわゆる契約更新月)に解約を行う必要があります。

近年ではキャリア側もユーザーに契約更新月の通知を送るなど周知に努めていますが、それでも何だかんだで忘れてしまいますよね。

携帯を変えようと思っていたけど、気が付いたら更新月が終わってしまっていて、そのままズルズルと使い続けてしまうケースは少なくないはずです。

格安SIMではこうした2年縛りがありません。

解約したい場合はいつでも解約することができますし、他のキャリアに乗り換えしたい場合もいつでもOK。

違約金の支払いをする必要なく、契約を解除することができます。

③料金が常に同じ。2年経っても利用料金が高くならない

大手キャリアの携帯電話の料金プランは今でも複雑です。

支払いに関する点で特に厄介なのが、利用開始から1年や2年たつと、突然利用料金が上がる仕組みがあること。

さらに、プランによっては毎月速度制限なしで利用できるデータ容量が減ってしまう可能性もあります。

料金が上がるのにデータ容量が減ってしまうのは最悪ですが、このパターンはキャリアの契約ではよくあります。

というのも、最近ではあまり盛り上がらなくなりましたが、少し前まで携帯電話はキャッシュバックの付与が盛んで、1年や2年で乗り換えるのが前提のようなところがあったからです。

格安SIMであれば、何年使っても基本的に同じ料金。さらにデータ容量などの条件も変わりません。

上で述べたように、2年縛りや中途解約による違約金もないため、途中で解約するのもOK。また、長く使い続けるのもOKです。

④電話をしなければ電話料金がかからない

個人的に思う、大手キャリアでの契約の最も嫌なところは、かけ放題が強制なところ。

仕事用の電話ならともかく、LINEやskypeなどの通信アプリが発達した現在では、わざわざ通話をする必要は少ないです。

それなのに、毎月3000円近いお金を払ってかけ放題プランを付けるのは勿体ないですよね。

かけ放題よりも安いプランもありますが、それでも2000円近くかかります。また、その内容も、「最初の5分間だけ無料」というようなあまり使い勝手がよくないものです。

そもそも、全く通話をしない人ならかけ放題ライトも不要ですよね。

それなのに、大手キャリアではかけ放題かかけ放題ライトが必須のプランばかりです。

格安SIMでは通話料金は通話した分だけ加算されます。つまり、全く通話をしなければ通話料金は発生しません。

基本料金もないので、普段通話しない人にはこちらの方がお得ですね。また、格安SIMの中には、そもそも音声回線なしのものもあります。通話はできませんが、その分利用料金は安くなります。

なお、音声回線ありのSIMの場合、電話を頻繁にかける人は要注意です。

毎月に何十時間も電話をかける人は、キャリアのかけ放題プランの方が支払う料金が安くなる傾向にあります。

逆に、格安SIMで長時間電話を使ってしまうとかなり高額なので、気を付けてください。

格安SIMのメリットまとめ

格安SIMの最大のメリットは、「格安」と名前がついているように、とにかく利用料金が安いこと。

特に、基本的に通話はせず、ネットもそれほど使わない人にとっては、大手キャリアで携帯を契約するよりも遥かに料金が安くなります。

格安プランだと通信データ量が2GBなど少なくなりますが、自宅でWifiを利用すればかなり節約できます。また、特に都市部ではフリーWifiが整備されてきているので、街中でもWifiに接続できるようになっています。

Wifiを上手く利用すれば、格安SIMのメリットを最大限引き出すことができます。

逆に、仕事などで電話を頻繁にかける必要がある方は格安SIMのメリットをあまり享受できないかもしれません。

格安SIMの多くのプランでは、通話した分だけ通話料が発生します。全く電話を使わない人であれば、通話料金が発生しないのでトータルの携帯料金は安くなります。

しかし、電話を頻繁にかける場合は、キャリアのかけ放題プランの方が結局は安かったということもあり得るので、格安SIMにするメリットはないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です