格安SIMのデメリットとは?

格安SIMは料金が安く、月々の携帯料金をグッと下げることができます。

しかし、月額料金の安さの一方で、格安SIMにはデメリットと言える点もいくつかあります。

格安SIMを契約するにあたって、注意しておくべき点をまとめました。

こんな点には要注意。格安SIMの8つのデメリット!

まず箇条書きにすると、格安SIMには次のようなデメリットがあります。

  1. 通信速度が遅くなりやすい
  2. 乗り換えのあと自分で初期設定を行う必要がある
  3. クレジットカード決済しか利用できない場合がある
  4. キャリアメールが使用不可
  5. LINEのID検索が使えない
  6. 契約後に携帯が使えない期間がある
  7. サポートが不十分なことが多い
  8. 一部機種ではテザリングが使えない
  9. 機種を用意しなければいけない

①通信速度が遅い・遅くなりやすい

格安SIMのデメリットとして最も多く挙げられるのがこれです。

最近では格安SIMの通信速度もかなり早くなっていますが、それでもキャリアと比べるとやはり遅いと言えます。

また、場所や利用状況によっては通信が安定しないことも多く、スムーズに使えていたのに突然遅くなることもしばしばあります。

そんなに携帯のネット回線を利用しない人であれば気にならないかもしれませんが、普段からよく使うハードユーザーの方はイライラしてしまうかもしれません。

なお、各格安SIMの通信速度は定期的にチェックされており、ランキングが公表されています。ランキングの入れ替わりはありますが、UQ mobileは通信速度という点ではオススメのようです。

②乗り換えのあと自分で初期設定を行う必要がある

キャリアでは乗り換え時の手続きはすべて店員さんが行ってくれます。

そのため、携帯電話の操作が得意でない人も、簡単に開通手続きを行うことができます。

しかし、格安SIMでは原則として自分で開通手続きを行う必要があります。届いた格安SIMを差し替えるのも自分ですし、携帯電話の初期設定を行うのも自分です。

慣れてしまえば簡単ですが、こういった操作に抵抗がある方にはなかなかストレスになる作業かもしれません。

③クレジットカード決済しか利用できない場合がある

au、ドコモ、ソフトバンクの3大キャリアでは、携帯料金の支払いにはクレジットカードだけでなく、コンビニなどでの振り込みや口座振替も利用できます。

しかし、格安SIMの場合は、クレジットカード決済しかできないことがほとんどです。

多くの方がクレジットカードを持っていると思いますが、大学生の方の中には持っていない人もいますし、現金主義者でクレジットカードはなるべく使いたくないという人もいるでしょう。

格安SIMの多くではクレジットカード払いだけとなるので、一部の人にとってはデメリットとなってしまいます。

なお、mineoやBIGLOBE SIMではデビットカードや口座振替に対応しています。

クレジットカード以外の決済手段を使いたい人は、mineoやBIGLOBEを利用するのも手です。

④キャリアメールが使用不可

auやドコモ、ソフトバンクではキャリアメールが使用できます。

メールの末尾が@docomo.ne.jpや@softbank.ne.jp、ezweb.ne.jpで終わるものですね。(ちなみにauはau.comという新しいアドレスに変わるようです)

gmailやyahoo.mailなどのフリーメール、LINEやskypeなどのメッセージアプリの普及によって、キャリアメールを使うという人は減っていっています。

しかし、まだ必要という方も少なくないでしょう。

格安SIMではキャリアメールは使えないので注意が必要です。

なお、mineoでは@mineo.jpというキャリア独自のメールアドレスが利用可能です。

⑤LINEのID検索が使えない

LINEのヘビーユーザーの方にはこれが最も大きな問題かもしれません。

LINEでID検索をかけるためには契約キャリアでの年齢認証が必要になります。しかし、格安SIMでは年齢認証ができないため、ID検索ができないのです。

LINEで友達を探すためには、QRコードリーダーやふるふるを使わなければいけなく、やや不便な場合があります。

もちろん、ID検索が利用できなくても、他のLINEの機能、トークや通話は普通に使えますので安心してください。

⑥契約後に携帯が使えない期間がある

キャリア携帯から格安SIMに転入すると、元のキャリアのSIMが使えなくなってから、格安SIMが届くまでにタイムラグがあります。

その期間中は携帯電話が一切使用できなくなってしまうため、非常に不便です。

プライベートで使用するものであればまだ問題は少ないでしょうが、仕事用の携帯などでは大きな問題ですね。

格安SIMは店舗に行かずに契約できるというメリットがありますが、このことが逆に携帯が使えない期間が出てくるというデメリットの原因となってしまいます。

なお、格安SIMの中には、店舗で契約することで即日開通でき、携帯が使用できない期間が発生しないものもあります。

仕事で使う携帯などは直接店舗に行って契約すると良いでしょう。

⑦サポートが不十分なことが多い

安かろう悪かろうはサポートにも当てはまります。

3大キャリアでは利用料金が高い分、サポートも手厚くなっています。また、全国各地に店舗があるので、不明な点があれば直接お店に行って店員さんに相談することができます。

しかし、格安SIMでは基本的に店舗がないので、店員さんに相談することは難しくなっています。

電話連絡やメールでサポートを受けることもできますが、対応はともかく、サポート内容の点ではキャリアには劣ります。

⑧一部機種ではテザリングが使えない

すべての機種ではありませんが、格安SIMを入れるとテザリングが使えなくなる機種が存在します。

テザリングをよく使うという方は、利用する機種が格安SIMでのテザリングに対応しているかどうかをよく確認してください。

⑨機種を用意しなければいけない

格安SIMだけを購入する場合、当然携帯電話の機種を用意する必要があります。

大手キャリアの機種がそのまま利用できる格安SIMもありますが、中にはSIMフリーの機種でなければ使えないものもあります。

機種を購入してから格安SIMを利用する場合、大手キャリアの方がキャッシュバックなどがついて安かったということもあり得ます。

手持ちの機種が格安SIMに対応しているかどうかはしっかりと調べておきましょう。

対応していない場合は、大手キャリアでしばらく使用し、SIMロックを解除してから、格安SIMに乗り換えるという方法もありです。機種を用意しなくてよい分、こちらの方が最終的に割安になります。

格安SIMのデメリットをどう捉えるかは使う目的次第

通信速度が遅くなる、クレジットカード決済が使えないことが多い、LINEのID検索が行えない、など、格安SIMにはいくつかデメリットがありました。

これらのデメリットをどう捉えるかは、格安SIMの使用目的や、使う人の携帯に対する知識次第です。

例えば、初期設定などの手続きを自分で行う必要があるなどについては、携帯電話を使い慣れた方にはデメリットとはならないでしょう。

逆に、仕事でいつも使っている携帯電話を格安SIMに変えると、SIMカードが届くまでに数日かかり、携帯電話が使えない期間が発生してしまうのはとても大きなデメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です